看護・リハも知っておきたい酸素療法の基礎-吸気流速と低・高流量システム-

                     
        
                   
        
                   
      
       

酸素療法や呼吸についてのおすすめ記事

リスク管理のコツ

リスク管理を行うためには、対象者が罹患している疾患を把握し、まずは病態把握をすることが重要です。

病態把握には、血液データやフィジカルアセスメントが大切になりますが、何よりもまずは、解剖・運動・生理学等の基礎を理解していることで、病態理解が深まります。

そして酸素療法においては、機器の違いや特徴、疾患や状態に応じた特徴を把握しておく事が必要になります。

今回、看護・リハも知っておきたい酸素療法の基礎として、吸気流速と低・高流量システムについてまとめていきたいと思います。

酸素療法とは

酸素療法の対象は、低酸素血症状態にある患者様になります。

酸素療法では、酸素投与により吸入気の酸素濃度を高めます。

吸気流速とは

「吸気流速」とは、分単位の吸気(吸気が肺に入ってくる)スピードのことです。

もう少し簡単に言うと、「空気を吸い込む速度」です。

成人男性では、500mℓの空気を1回の呼吸で吸い込みます。

空気を吸い込む時間を1秒とした場合、500mℓ/秒の速さとなります。

吸気流速は「ℓ/分」で表されるので、成人男性の場合、30ℓ/分の吸気流速で空気を吸っているということになります。

酸素療法では成人男性の場合、吸気流速30ℓ/分において、濃度100%の酸素を○○ℓ流すというイメージになります。

ここでは一般的な成人男性の吸気流速を例に挙げましたが、患者様の状態によって吸気流速には違いが見られます。

影響を与える因子としては以下のようなものがあります。

・年齢
・体格
・疾患や状態

そのため、吸入できる酸素濃度にも違いがあります。

酸素療法における吸気流量と酸素濃度の関係性

吸気流量は患者様の状態により異なります。

吸気流量が多いと、酸素マスク外の空気の取り込みは大きくなるので、吸入酸素濃度は薄くなります。

一方、吸気流量が少ないと、酸素マスク外の空気の取り込みが小さくなるので、吸入酸素濃度は濃くなります。

酸素療法と低・高流量システム

酸素療法において、低・高流量システムは患者様の状態に応じて使い分けられます。

低流量システム

酸素療法にける低流量システムは、

・吸気よりも低流量
・吸入酸素濃度が一定でない(できない)

事が特徴です。

機器としては、

・経鼻カニューレ
・リザーバー付き経鼻カニューレ
・簡易型酸素マスク
・リザーバーマスク
・オープンフェースマスク、オキシマスク

があります。

適応については、

・酸素濃度をしっかりと調整しなくても良い状態
 ⇨中等度の低酸素血症

になります。

具体的には、Ⅰ型呼吸不全の患者様になります。

Ⅰ型呼吸不全は、PaO2≦60mmHg、PaCO2≦45mmHgとなっており、二酸化炭素分圧の増加を伴わないことが特徴です(酸素をうまく取り込めない)。

低酸素のみを認めるもので、換気血流不均等、拡散障害、シャント(右→左)によるものです。

疾患名としては、肺炎、心不全、気胸、肺塞栓症などがあります。

低流量システムで投与できる酸素は最大で15ℓ/分になります(酸素濃度約60-90%)

Ⅰ型呼吸不全で低容量システムでの改善が難しければ、高流量システムに切り替えます。

高流量システム

酸素療法にける高流量システムは、

・吸気よりも高流量
・吸入酸素濃度が一定(にできる)

事が特徴です。

機器としては、

・ベンチュリーマスク
・ベンチュリーネブライザー
・ハイフローセラピー

があります。

適応については、

・Ⅱ型呼吸不全
・重症低酸素血症

になります。

Ⅱ型呼吸不全は、PaO2≦60mmHg、PaCO2>45mmHgとなっており、酸素がうまく取り込めず、二酸化炭素の排出も困難なことが特徴になります。

肺胞低換気はⅡ型呼吸不全に分類されており、疾患としては、COPDや重症低酸素を伴う肺炎などがあります。

Ⅱ型呼吸不全においても低流量システムが適応になりますが、SpO2の目標値を決めて酸素療法を行っている場合、低流量システムではコントロールしにくいこともあるため、高流量システムを用いる(酸素濃度を一定に保てる)方が安全とされています。

                     
        
                   
        
                   
      
       

関連記事

  1. 看護・リハも知っておきたい動悸と不整脈-洞性頻脈と対応、治療…

  2. 皮質下出血による意識障害の捉え方

  3. 看護・リハが知っておきたい「動悸」をリスク管理に繋げるために…

  4. 国試にも臨床にも役立つ!酸素解離曲線の見方、覚え方

  5. 看護・リハも知っておきたい動悸と不整脈-心房細動(AF)と対…

  6. リハビリテーションとリスク管理-体重増加と心不全-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。