リスク管理に役立つ!血ガス分析のための基礎知識!

                     
        
                   
        
                   
      
       

血ガス分析についてのおすすめ記事

リスク管理のコツ

リスク管理を行うためには、対象者が罹患している疾患を把握し、まずは病態把握をすることが重要です。

病態把握には、血液データやフィジカルアセスメントが大切になりますが、何よりもまずは、解剖・運動・生理学等の基礎を理解していることで、病態理解が深まります。

今回、リスク管理のための血ガス分析における基礎知識をまとめていきたいと思います。

血ガス分析とは

血ガス分析というのは、正確に言うと、「動脈血液ガス分析」です。

血ガス分析は、主に橈骨動脈から採血した動脈血を、専用装置にかけて測定するものです。

血ガス分析をなぜ行うかというと、主には「PH」の状態を確認するためです。

「PH」と言うのは、水溶液の性質を表す単位の一つで、溶液中の水素イオンの濃度のことをさします。

人体においては、健常な人の動脈血はpH7.35~7.45と、中性(PH7)に近い値となります。

血ガス分析では、PHの他にも様々な検査値が確認できますが、まずはPHが正常値から逸脱していないかを確認することが重要なポイントになります。

PHが正常範囲から逸脱すると、生命維持に支障をきたすことになるからです。

血ガス分析で確認できること

PH

この項目では、体内が酸性に傾いているか、もしくはアルカリ性に傾いているかが確認できます。

PHの基準値は7.35-7.45です。

PaCO2

PaCO2は動脈血二酸化炭素分圧のことで、動脈血中の二酸化炭素の分圧を表しています。

PHを異常値にしている原因(二酸化炭素:酸性物質)となります。

PaCO2は換気により調節されています。

PaCO2の基準値は35-45Torrです。

PaO2

PaO2は、動脈血酸素分圧のことで、動脈血中の酸素分圧を表しています。

PaO2の基準値は80-100Torrです。

HCO3-

HCO3-は、血漿重炭酸イオンです。

PHを異常値にしている原因(重炭酸イオン:アルカリ性物質)となります。

HCO3-の基準値は22-26mEq/Lです。

BE

BE(base excess)は、塩基過剰を表しています。

BE値に異常があることは、代謝性の異常があることを示しています。

BEの基準値は-2〜+2mEq/Lです。

BE>+2mEq/Lでは代謝性アルカローシス、BE<-2mEq/Lでは代謝性アシドーシスを示しています。

アシデミア・アシドーシスとアルカレミア・アルカローシス

体内の酸塩基のバランスの傾きを示す言葉に、「アシデミア」「アシドーシス」「アルカレミア」「アルカローシス」があります。

PHが酸性に傾く事をアシデミアと言います。

PHが酸性になる病態をアシドーシスと言います。

PHがアルカリ性に傾く事をアルカレミアと言います。

PHがアルカリ性になる病態をアルカローシスと言います。

PHの変化と症状

PHが酸性に傾く事をアシデミアと言い、これはPHが7.35を下回っている状態です。

一般的には、PHが7.2以下になると、

・血圧低下
・不整脈
・見当識障害

など生じる事があります。

6.8以下では生命維持が難しくなります。

PHがアルカリ性に傾く事をアルカレミアと言い、これはPHが7.45を上回っている状態です。

一般的には、PHが7.55以上になると、

・不整脈
・テタニー症状(血液中のカルシウム濃度が低下して、末梢神経の興奮性が高まり、筋肉の持続的な硬直をきたすも
 の)
・見当識障害

などが生じる事があります。

7.8以上では生命維持が難しくなります。

                     
        
                   
        
                   
      
       

関連記事

  1. 看護・リハも知っておきたい心不全・肺水腫の胸部X線画像の特徴…

  2. 看護・リハも知っておきたい無気肺の病態と胸部X線画像の特徴と…

  3. リハビリテーションとリスク管理-血圧が高い理由を考えるための…

  4. リスク管理に役立つ血ガス分析の見方!HCO3-を中心に!

  5. リスク管理に役立つ血ガス分析の見方-PHが正常範囲内でも代償…

  6. リスク管理に役立つ血ガス分析の見方-PaCO2を中心に-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。