リハ・看護・ケアと栄養-食欲低下の原因②嚥下機能低下-

                     
        
                   
        
                   
      
       

栄養についてのおすすめ記事

運動と栄養の関係性

身体機能を向上させたい!日常生活能力を向上させたい!

そう考えた時に、ただ単に運動を行わせれば良いというものでもありません。

それはなぜかと言うと、対象者の全身状態が関係しています。

今回のテーマである栄養の観点からすると、低栄養状態で運動を積極的に行うと、逆に対象者の機能低下を引き起こしてしまう事があります。

低栄養を引き起こす要因の一つとして、「食欲低下」があります。

食欲低下の原因は様々ですが、その要因を分析し、栄養状態を改善する事が、積極的な運動による効果を期待できるようになります。

食欲低下の原因

食欲低下の原因にはいくつかの要素が考えられます。

・食習慣、環境
・嚥下機能低下
・がんや、手術、薬物療法、放射線治療などの治療の影響
・消化器系の症状(胃炎、吐き気、便秘、下痢など)
・身体症状(痛み、息苦しさなど)
・口腔内環境(味覚の変化、口内炎、口内の乾燥、入れ歯が合わないなど)
・精神的要因(不安、抑うつ、せん妄、ストレスなど)

原因を考えただけでも、上記のように多数の事が考えられます。

そのため、食欲低下の原因を詳細にアセスメントしながら、対策を講じて行く必要があります。

今回は、食欲低下の原因の中でも、嚥下機能に焦点を当てていきたいと思います。

摂食と嚥下

摂食とは、「食べること」を意味しています。

食べ物を見て、それが何であるかを認識し、咀嚼、嚥下するまでの流れ全体を示しています。

嚥下とは、「口の中で食べ物を飲み込みやすい形にし、食道から胃へ送り込むこと」を示しています。

摂食嚥下には、以下のうような流れがあります。

認知期

食物であるということを認知して、何をどのように食べるかということを判断していきます。

この期における観察評価のポイントは、嚥下する前にたくさん口の中に入れていないか(ペーシングの問題)、拒食がないかなどを見ていきます。

準備期

食物を口の中に取り込み、食物を噛んで食塊を作ります。

この期における観察評価のポイントは、唾液や食物が口唇からこぼれていないか、咀嚼が困難ではないかを見ていきます。

口腔期

食塊を口腔から咽頭に送り込んでいきます。

この期における観察評価のポイントは、嚥下後に食物が口の中に残っていないかを確認します。

咽頭期

嚥下反射により食物を咽頭から食道に送り込みます。

この期における観察評価のポイントは、誤嚥によるむせがないか、むせはなくても呼吸や声に変化がないかを確認します。

食道期

食塊を食道から胃に送り込んでいきます。

この期では胸やけん有無を聞いたり、嘔吐することがないかを確認します。

嚥下機能の低下に気づいているか

嚥下機能低下があっても、その存在に気づかないパターンが存在します。

過去に嚥下障害を診断されたことのない患者でも、薬剤による影響や、心配ごと、発熱、睡眠不足などで容易に嚥下機能が低下するため、実際に食事場面を観察して、食後の呼吸状態や声質の変化の有無を確認する。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspen/27/3/27_885/_pdf/-char/ja

そのため、精神面も含めた全身状態のアセスメントが必要になりますが、食欲低下の訴えや食事摂取量低下が見られている場合には、嚥下機能低下を疑うようにする事が良いかもしれません。

嚥下機能低下のサイン

嚥下機能低下のサインは、気づきやすいものもあれば、気づきにくいものもあります。

摂食嚥下障害の方が訴える典型的な症状は、飲み込みにくい、むせる、といったものです。
しかし、明らかな訴えがない場合も、実は非常に多いのです。
食事中に感じている症状ではなく、夜間に咳こむようになった、発熱を繰り返す、体重が1か月で5%以上、半年で10%以上も減少している、脱水症状の出現などを主訴として受診し、これらの症状は、嚥下障害によるものであったという場合も多いのです。

https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/sesshokushougai/shoujou.html

嚥下機能低下を疑う現象としては、以下のものが考えられます。
・食事でのむせこみ
・湿性嗄声(痰が絡んだようなごろごろとした声)
・食後に痰が絡む
・口から食べ物がこぼれる
・口や喉に食べ物が残る
・食事での疲労感
・食べ物が喉に詰まって逆流する

これらの現象が確認される場合には、嚥下機能低下を疑うようにします。


                     
        
                   
        
                   
      
       

関連記事

  1. リハビリテーションと易疲労性-原因①貧血-

  2. リハビリテーションと易疲労性-原因④低栄養-

  3. リハ・看護・ケアと栄養-食欲低下の原因⑤精神的要因-

  4. 糖尿病とリスク管理-合併症が生じるしくみ-

  5. 鎖骨骨折とクラビクルバンドの役割-装着の注意点やケアのポイン…

  6. リハ・看護・ケアと栄養-食欲低下の原因⑥消化器系の症状-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。