看護・リハも知っておきたい動悸と不整脈-洞性頻脈と対応、治療-

                     
        
                   
        
                   
      
       

不整脈についてのおすすめ記事

リスク管理のコツ

リスク管理を行うためには、対象者が罹患している疾患を把握し、まずは病態把握をすることが重要です。

病態把握には、血液データやフィジカルアセスメントが大切になりますが、何よりもまずは、解剖・運動・生理学等の基礎を理解していることで、病態理解が深まります。

今回、看護・リハも知っておきたい動悸と不整脈として、洞性頻脈と対応、治療について、まとめていきたいと思います。

動悸とは

動悸とは、普通では自覚されない心臓の拍動やその乱れを自覚することです。

人によって動悸の感じ方が異なるため、「ドキドキ」「ドクドク」「ドックン」など、様々な訴えが聞かれます。

動悸は、脈の速さに関係なく、脈拍が普段と異なるだけで動悸と言う表現になります。

そのため、どのような動悸なのかを把握することが必要になります。

不整脈としての動悸

心拍数は「心臓の脈拍の数」で、脈拍は「末梢血管における脈動の数」と言う違いがあります。

不整脈がある場合、その瞬間の心臓の拍動が末梢血管にそのまま伝わるとは限りません。

そのため、末梢血管における脈拍は跳んだり、休んだりするように感じることがあります。

すなわち、不整脈の場合は必ずしも心拍数と脈拍数は等しくはなりません。

正常な心臓は1分間におおよそ60-70回、規則的に収縮します。

不整脈は、何らかの原因により、規則的な心臓の収縮リズムが崩れてり状態です。

不整脈は、心拍数が多い、少ない、本来のタイミングでないときに収縮するなど様々なパターンがあります。

このような不整脈を自覚した場合に、「動悸」として認識されます。

洞性頻脈とは

洞性頻脈とはどのような状態か

洞性頻脈は、洞結節からの興奮が早くなることで生じます。

前途したように、正常な心臓は1分間におおよそ60-70回、規則的に収縮しますが、洞性頻脈では心拍数が100回以上になります。

洞性頻脈の心拍数の上昇は徐々に心拍数が上がり、徐々に心拍数が下がることが特徴です。

洞性頻脈の原因

洞性頻脈は、

・発熱
・貧血
・甲状腺機能亢進症
・血圧低下
・アシドーシス
・運動
・緊張
・興奮

などが原因で生じる事があります。

上記のように、非循環器疾患において生じる事を知っておく必要があります。

また、原因把握のために、患者様の疾患や身体所見を把握する事が重要です。

洞性頻脈の症状

洞性頻脈の症状としては、

・めまい
・眼前暗黒感
・失神
・精神状態(発汗、緊張、興奮)

などが確認される事があります。

洞性頻脈の心電図の特徴

洞性頻脈では、洞調律なので、波形は規則正しいものとなります。

P波があり、心拍数は100回/分以上となります。

発作性上室頻拍(PSVT)と波形が似ているため、モニター上で判別できない事があります。

なお、発作性上室性頻拍(PSVT)は、リエントリー回路を機序として、刺激伝導系の興奮が旋回して生じます。

リエントリー回路では、突然発作が始まり、突然発作がなくなることも特徴です。

洞性頻脈は徐々に心拍数が上がり、徐々に心拍数が下がる事が特徴のため、鑑別のヒントにもなります。

モニター心電図における発作性上室性頻拍(PSVT)の特徴としては、以下のような特徴があります。

・リエントリー回路で電気興奮が旋回し、規則的で高頻度
 ⇨PR間隔が規則的
  QRSの幅が狭い

洞性頻脈における対応、治療

洞性頻脈の原因は、様々な疾患となるため、患者様の基礎疾患の把握とその治療が必要になります。

                     
        
                   
        
                   
      
       

関連記事

  1. リスク管理に活かす脳ヘルニアと midline shiftの…

  2. くも膜下出血の病態理解-予後に影響を与える脳血管攣縮-

  3. 心不全のメカニズム-右心不全、左心不全の症状の覚え方-

  4. 呼吸疾患と酸素療法-経鼻カニューレの適切な用い方と注意点-

  5. 酸素化と換気の違いと呼吸不全の分類

  6. 看護・リハも知っておきたい酸素療法の基礎-吸気流速と低・高流…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。